出版

米国

Gender differences in educational outcomes and the effect of family background: A comparative perspective from East Asia

Chinese Journal of Sociology (Sage Publication)から、日本・中国・米国における学力や学習意欲の男女差と家庭背景との関連に関する国際共同研究を出版しました。野崎華世(大阪経済大学)、湯川志保(帝京大学)、李汪洋(北京師範大学)との共著です。
東京

経済学から見た高等教育無償化政策

IDE 現在の高等教育「高等教育の無償化を問う」2020/2-3 No618に「経済学から見た高等教育無償化政策」を掲載しました。
以下のリンクは、最終校正前の原稿です。内容の正確さは保証しません。参考までに利用してください。

関連ファイル

東京

校長が在籍児童生徒のアウトカムに与える効果の統計的計測

フィナンシャルレビューに標記の論文を出版しました。全国学力・学習状況調査の調査票情報を用いて、校長固有の効果の分布を計測しました。佐野晋平(千葉大学)との共著です。
日本

Subject variety and incentives to learn: Evidence from public high school admission policies in Japan

Japan and the World Economy に標記の論文を出版しました。そこでは、都道府県で異なる高等学校入試科目の組み合わせとその変遷が、大学進学率等に与えた影響を実証分析しました。直井道生(慶應義塾大学)との共著です。